治療した場所が歯周病の原因となるワケ

虫歯の治療による「被せもの」が歯周病の原因になる事も

歯医者さんで虫歯の治療をしたことがある人は、被せものをしてもらった事があるかと思います。虫歯を削ってしまった部分を保護する為、噛み合わせを正すために被せものをするのです。

 

しかしその被せものが、歯周病の原因になっているというではありませんか!?なぜせっかく虫歯の治療をしたのに、歯周病にならなければいけないのか?この被せものが原因となっている事実を、ここでお話していきましょう。

 

被せものが原因となる理由

歯に被せるものというのは、専門の技師が患者さんの歯型に合わせながら作成していきます。歯科医の元に届くときは、少々噛み合わせの高い状態になっているので、患者さんに被せものをするときは、歯科医が微調整をして削るなどの処置をします。

 

しかしこの被せものが、全く調整されなかった場合や、違和感のある仕上がりになっている事も少なくありません。つまり歯科医の腕によって、被せものの処置具合が良いものになるか悪いものになるか決まるのです。

 

被せものが合わない場合

歯科医院で治療を終えた後に、噛み合わせが上手くいかないという事になり、被せものが合わないと、歯に負担が掛かってしまい、歯茎にも影響が及んでいきます。そして、被せものと歯茎や歯の間に歯周病菌が蔓延していき、歯周病になってしまいます。

 

歯に負担が掛かると言うのは、噛むたびに痛みや違和感を覚えるという事です。ちょっとぐらいなら大丈夫だと思って、放置しているとなんとなく馴染んでくるので、そのままにしてしまう人も多いです。しかし被せものが合っていないという事に、変わりはありませんので、放置しないようにしてもらいたいと思います。

 

かなり古い被せものの場合

とても昔に治療した被せものをしているという人は、少々注意が必要です。古くなった被せものは、細菌が繁殖しており、歯周病菌が隙間から入り込んでいくのです。そして歯や歯茎に感染していき、歯周病になってしまいます。

 

このように被せものが歯周病の原因になる事が確認できたかと思います。こういった被せものによる影響は、かなり多くの人が感じるようになってきています。新しいものに替えてもらう事や、定期的な健診をする事で被せものが原因の歯周病を予防できるでしょう。