喫煙と歯周病との関係

タバコは歯周病リスクを数倍高める

近頃は分煙なんて言葉も当たり前になってきましたが、それでも「喫煙者」はたくさんいます。そんな喫煙者の人には、またしても悪い情報となってしまうことなのですが、歯周病の原因の1つに「喫煙」が含まれています。喫煙している人も、タバコが体に悪いという事は分かっていると思います。

 

まさにその悪いという部分が、歯周病にも影響を与えてくるということなのです。それではタバコがどのように歯周病の原因になってしまうのか、ご紹介していきたいと思います。

 

口内環境が悪くなる

タバコには、ニコチンやその他の有害物質がたくさん含まれています。これらの有害物質は、口内でも影響を及ぼすのです。

 

まずは、唾液が分泌しにくい状況を生み出してしまうので、唾液による口内清浄が出来なくなってしまいます。さらにプラークが歯に付着しやすい状況を生み出しますので、非喫煙者と比較するとプラークの付着量が多いという事が分かります。

 

タバコは肺や血液などに悪影響を及ぼすという事は、分かっている人が多いと思います。しかしタバコが体内に入るまさに最初の部分である口内でも、すでに悪い影響を及ぼしているのです。

 

ニコチンの影響

タバコに含まれるニコチンは、血液の流れを滞らせるという作用がありますので、免疫力が低下すると言われています。このことから、喫煙者というのは病気になりやすい体質とも考えられます。

 

免疫力が低下するので、病気になりやすく、治りにくいという状態になるので、歯周病も明らかに発症しやすく、そして治りにくい状況に陥ります。ニコチンが原因となり、歯周病を発症するという事が実際にあるという事です。

 

喫煙者というのは非喫煙者と比較すると「2〜6倍」も歯周病になりやすいと言われています。2〜6と言うのは1日に吸うたばこの本数によってその確率が上下するという事で、これだけ数に差があるのです。

 

歯周病の治療をする事になったのであれば、喫煙は控えるのがベストです。喫煙によって治療が邪魔されていくので、タバコを吸っている間はいつまでも完治の見込みがないでしょう。