歯並びが悪いとプラークが溜まりやすい

歯周病の原因となる歯並びの悪さ

毎日しっかり歯を磨いているという人でも、歯周病になる可能性があります。それは、歯並びが悪いという原因がある場合です。

 

歯並びが悪いと、毎日の歯磨きを欠かしていなくても歯周病のリスクが高まると言われています。それでは、歯並びがどのように関係しているのかチェックしてみましょう。

 

歯と歯の間に問題が生じてくる

歯並びが悪いと一言でいっても、その症状には個人差があります。明らかに歯と歯が重なっている部分があるなどの、見てわかるような歯並びの悪さを実感している人は要注意です。

 

歯並びが悪く、歯が重なっている、ガタガタの形をしていると、歯磨きをするときにうまく磨くことができずに、磨き残しが溜まっていくようになります。つまり、プラークがどんどん蓄積されていくという事です。

 

プラークが歯周病の原因になるのは、ここでもお話をしてきていますので、もう分かっているとは思いますが、歯並びが原因でプラークコントロールが出来ないという事もあるのです。このようなことから、歯並びの悪い人は歯石も溜まりやすくなっていきますので、健康的な歯並びの人と比較すると、歯周病になりやすいと言えるのです。

 

歯並びの悪さが歯周病を悪化させる

歯と歯が重なっているということは、それぞれの歯の骨というのは通常の健康な歯の骨よりも「薄い状態」になっています。ですから、歯周病によって歯の骨が溶けていくスピードがとても速いのです。

 

いつまでも歯並びが悪い状態を放置すると、歯周病になった時には歯周病菌を除去する事もうまくできず、歯と歯の間には常に菌がとどまっている状態になります。このようなことから、歯並びはできるだけ矯正をして改善させておくのがいいという事です。

 

子供のうちから歯並びが悪いと言う場合には、それだけ長くプラークが溜まり続けてしまうという事になります。ですから、歯並びが悪いと言うことを確認したのであれば、出来る範囲で治していくと歯周病の予防にも大きな効果が現れるでしょう。