30代以下で発症する歯周病

小学生でも発症する若年性歯周病

歯周病になる人というのは、年を取ってからだと思っている人は多いと思います。実際に30代以降の男女ともに30歳以下の男女と比較すると、歯周病の発症確率は高いと言えます。しかし歯周病には若年性歯周病と呼ばれるものが存在するのです。これは、小学生くらいの子供から10代・20代の人が発症する少し特殊な歯周病です。

 

それでは、若年性歯周病について症状や原因などを見ていきましょう!

 

若年性歯周病の症状について

一般的な歯周病と異なるのは進行の速さです。若年性歯周病というのは、進行がとても速いのであっという間に悪化してしまうのです。また、前歯とその隣などの歯が歯周病になる事が多いとも言われています。

 

その他は、歯茎が腫れて出血してくる事、歯がグラグラしてしまう事、最終的に歯が抜けてしまう事など、一般的な歯周病と同じような症状が現れます。ですから、歯茎が赤くなり腫れてきた時には、すぐに歯科医院へ行き相談をしてみる事をお勧めします。

 

原因について

若年性歯周病というのは、体の免疫力が低下している場合に発症する事があります。健康時にはなんともないような口腔内の汚れや、細菌に対して過敏に反応してしまうようになるのです。

 

こういったケースが原因となっている事が多いので、口腔内を清潔に保つ事が大きな予防策とも言われています。また、歯磨きがしっかり出来ていないという事や、生活習慣が乱れていると若年性歯周病になりやすくなると考えられます。

 

また、白血球の機能低下が原因となり免疫機能が低下するという所から、歯周病になる事もあります。特殊細菌と言われているAaと呼ばれる細菌に感染すると、若年性歯周病になるとも言われています。

 

症状を発見したら

とても進行が早いので少しでも歯茎の異常や出血を感じたら、歯科医院へ行きましょう。若年性歯周病は、普通の歯科医院では対応していない場合もあり、歯周病専門の歯科医院への受診を勧められる事があります。

 

一般的な歯周病の治療をする事に加え、抗菌剤などを使用した薬物治療を施す事になる場合があります。さらに重症化した時は、歯茎を切り開き直接歯石を取り除くという手術をする事もあります。

 

このような場合には、口腔外科にお世話になることになるので、若年性歯周病の可能性がある場合には、最初から大きな病院を受診するのもいいでしょう。