歯周病の症状の進行によって変わる呼び名

歯周病と歯肉炎や歯槽膿漏との違い

歯周病という名前を聞くと、同時に歯肉炎や歯槽膿漏と言った病気を思い浮かべる事はありませんか?

 

これらの疾患を同じようなものと思っている人もいれば、全く異なるものだと思っている人もいます。それでは、実際に歯周病と歯肉炎、歯槽膿漏はそれぞれ異なるものなのかどうか、ここで確認していきましょう!

 

総称して歯周病と呼びます

実は「歯肉炎」も「歯槽膿漏」も、どちらも歯周病という病気の1つなのです。歯周病の症状によってその呼び名が変わると言った所です。歯周病は初期・中期・後期といった症状の段階がありますが、その段階別に名前が異なると考えてもらえると分かりやすいと思います。

 

歯肉炎とは?

歯周病の中でも「初期の段階」に出てくる症状で、歯茎が赤くなり炎症を起こして腫れているという状態の事を、歯肉炎と呼んでいます。歯肉炎の状態は、歯磨きをしている時に出血があるという症状や、歯茎の腫れが特徴的なものになります。

 

歯を磨いている時に、出血するという人は意外と多く、痛みやその他におかしな点が無い事から、放置してしまう人が多いです。しかし出血とともに歯茎が赤くなり、なんとなく腫れている感じがするときは、歯肉炎になっている可能性があります。

 

歯肉炎はその後の歯周病の進行を防ぐことが出来る段階ですから、おかしいと思ったらすぐに治療を開始する事を、お勧めします。

 

歯槽膿漏とは?

歯周病の中では「後期の段階」に出てくる症状で、自然と出血が起こり膿も発生するという状態です。膿の影響から強い口臭が発生する事があります。歯もグラグラと不安定になり、最終的には歯が抜けると言う最悪な結末が待っています。

 

歯槽膿漏を放置すると、歯並びもガタガタになってしまいますし、歯を失う事にも繋がりますので、早急に歯科医院で適切な処置をしてもらう必要があります。ちなみに歯槽膿漏は「歯周炎」とも呼ばれています。

 

歯周病の症状である歯肉炎、歯槽膿漏(歯周炎)このように名前だけを見ていると、なにがなんだか分からなくなってしまうという人もいますが、歯肉炎と歯槽膿漏はどちらも歯周病の種類なのだという風に捉えてみてください。