一般的な歯周病の治療費

歯周病の治療にかかる費用

歯周病というのは、歯科医院で診察をしてもらい、治療してもらう事ができます。病気として症状が出ている場合には、ほぼ保険適応の診察、治療になりますので、保険の割合で費用が決まっていきます。

 

一般的には3割負担になっているので、その計算で考えてみると、どの程度歯周病治療にお金がかかるのか、分かってきます。

 

初期の段階での治療費

一般的な歯科医院の費用をここでご紹介していきたいと思います。ばらつきは多少ありますが、ほぼ変わらないと考えていいでしょう。

 

まず初めて歯科医院へ行くと初診料が請求されます。初診料は約500円〜600円程度でおさまります。その後通院をする事になると再診料が必要になりますが、100円程度で済みます。

 

歯周病の検査をしてもらうと、1回の検査につき3,000円程必要になります。歯周病を治療するという時、そして治療がひと段落したときにもう1度検査をしてもらう事が多いです。

 

また、歯周病にとって不要な歯石を除去してもらう治療は、上下すべての歯をキレイに歯石除去した場合、1,000円程度必要になります。

 

中期の段階での治療費

初診料や再診料はどんな段階でも変化はありません。歯磨きの指導をしてもらうと300円程かかります。中期の歯周病でも検査をしますので、やはり治療開始時とひと段落した時の2回、検査費用が掛かります。歯周病の検査は同じ検査になるので、大体どの段階でも3,000円前後になります。

 

中期になると、歯石除去だけではなく「ルートプレーニング」という、さらに奥深くの歯石を除去するという治療が必要になります。中期ですから歯周病も進行していますので、それだけ歯の根っこに歯石があるという事です。こちらは歯1本で180円前後です。

 

歯肉を切開して手術をすることになると、その1つの部位で3,000円程度必要になります。

 

後期の段階での治療費

初期、中期の治療費に加えて、歯周病からくる歯のぐらつきなどで、抜歯をすることがあります。抜歯をすると1本で3,000円程度必要になります。

 

さらに、歯周病が原因となり歯がダメになった場合に、ブリッジという人工の歯をはめることになると、ブリッジの費用がかかります。一般的に歯が1本ダメになると、左右の歯も削る事になりますので、2万円前後必要になります。

 

その他にも歯周病が原因の場合、歯が無くなっていく人がいますので、部分入れ歯や総入れ歯になる人がいます。部分入れ歯も総入れ歯も1万円〜といった所になります。あとはどれだけ自己負担でお金をかけるかという部分で仕上がりが異なっていきます。

 

 

このように、歯周病になると、とてもお金が必要になってしまいますので、無駄なお金を使わなくて済むように、気を付けて生活をしていきたいところです。