よく噛み唾液を分泌させる重要性

しっかり噛む食事で口内を健康に保つ

食事をしたら、必ず歯を磨くという事がセットになっているという考えの人が多いかと思います。もちろんそれは正しい事ではありますが、食事が歯周病に悪い影響を与えているという考え方にならないようにしましょう。

 

食事は、食べ方や食べるものなどを工夫していくことで、歯周病を予防する事も出来ます。中でもよく噛むという事は、とても大事な予防法の1つになりますので、食事の面から噛むことの大事さを、ここで確認していきましょう。

 

噛むことの重要性

唾液がたくさん分泌される

食事のときにあまり噛まずに、すぐに飲み込んでしまう人と言うのは唾液の分泌が少ないとされています。逆によく噛んでから、飲み込むことで唾液の分泌量が増えていきます。この唾液の分泌量が歯周病を予防するポイントになります。

 

食事をすると、確かに食べ物のカスなどが口内に残り、細菌と混ざってしまう事でプラークになっていきます。しかしよく噛む事で、唾液量が増えると口内の細菌は逆に減っていきます。食事をしながらも、口内細菌の量が減少するというのが、噛むことで得られる歯周病予防のポイントなのです。

 

おすすめの食事

食事の時によく噛むことを意識するのであれば、歯ごたえがあり噛み応えのあるものがおススメです。漬物のタクアンを食卓に出してみると、よく噛むようになると言われています。その他にお肉であれば、噛みきるまでに時間がかかり、肉質的な「鶏もも肉」などがおススメです。

 

そして、野菜類やキノコを一緒に食べることで、食物繊維が豊富に摂取できます。この食物繊維というのは口内で食べかすとして、残りにくいものなので、よく噛みながらボリュームあるサラダを食べるのがおススメです。

 

唾液は天然抗菌リンス剤と呼ばれるほど、口内環境を整える力があるものです。口内細菌や歯周病菌が増殖する事を防ぐことが出来る、優れものなのです!唾液をしっかり出して、歯周病を予防するために、よく噛む食生活をはじめてみませんか。